えもんブログ

セキュリティからライフハックまでゆるくとどけるWEBメディア

【老後の資産形成の一歩目】iDeCoの始め方から運用まで【企業型DCとの違いとは】

こんにちは、えもんです。

 

今日は、個人型確定拠出年金iDeCoのについて説明したいと思います。

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは?

iDeCoとは、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。20歳以上60歳未満の全ての人が加入できるようになっており、つみたてNISAと同様に老後の資産形成方法の一つとなっております。

つみたてNISAについては下記記事を参照下さい。

【運用実績公開】つみたてNISAの始め方から運用まで【老後2000万円をどう準備する?】

普通に定期預金で積立を行うよりも税金面でのメリットが大きく、iDeCoを始める方が増えているのが現状です。

iDeCoのメリット

①掛金が全額所得控除

iDeCoを始めると毎月一定額を積み立てることになるのですが、その積立額(掛金)が所得から控除されます。よって、住民税と所得税を軽減することが可能です。これはつみたてNISAには無いメリットとなります。

例えば毎月の掛金が2万円、所得税、住民税がそれぞれ10%と仮定すると、

所得税控除:24万円(掛金年額)× 10% = 2.4万円

住民税控除:24万円(掛金年額)× 10% = 2.4万円

年間で換算すると合計4.8万円も払う税金が少なくなります。

f:id:emonnao:20190710202456g:plain

②運用益も非課税で再投資が可能

投資信託など一般的な金融商品で利益が出た場合は、利益に対して税金(源泉分離課税20.315%)がかかりますが、iDeCoでは運用の中で得た利益に対して税金がかからないメリットがあります。

例えば毎月2万円の積立を年利3%で運用した場合、

24万円 × 0.03 = 7200円の利益が出ることになりますが、iDeCoの場合はこの利益をそのまま再投資することができます。

一見小さな額に思えますが、長期的に運用するとその差を実感します。

私の場合、上記条件で60歳まで運用を行うと約100万円も非課税になることがわかりました。

f:id:emonnao:20190710204346p:plain

③受け取り方が選択可能

iDeCoは原則60歳から「老齢給付金」として受け取る事ができるようになります。また、受け取り方としては「年金」か「一時金」を選択することができます。

f:id:emonnao:20190710205415g:plain

「一時金」と「年金」を組み合わせて受け取ることも可能になります。

iDeCoと企業型DC(企業型確定拠出年金)との違い

iDeCoも企業型DCも同じ確定拠出年金ですが、共通する部分と異なる部分があります。運用益に対する非課税、受け取り方、60歳まで引き出せない。などはiDeCo、企業型DCともに共通している部分です。

一方、掛金と運営管理機関の選択についてはiDeCoと異なります。

掛金

企業型DCは従業員の老後資産形成に企業がバックアップするという考え方が背景にあります。

企業によってルールが異なりますが、月々の掛金は企業が拠出してくれます。基本的には労使交渉で合意した金額を企業が拠出します。企業にとってはこの拠出分は経費として計上できるというメリットがあります。

これに加え、従業員が掛金を一部負担する「マッチング拠出」という制度もあります。マッチング拠出とは、企業が負担している掛金に加えて従業員自身で掛金額を上乗せできる制度となります。給料から天引されるイメージですね。

運営管理機関の選択

企業型DCの場合は自分で運営管理機関を選択することができません。企業が選択した金融機関が取り扱う商品しか選択できない。といったデメリットがあります。

iDeCoと企業型DCの併用は可能なのか

一言でいうと、勤め先が企業型DCとiDeCoの併用を認めているかどうかになります。

また、企業型DCにおいてマッチング拠出をしている場合は企業が認めていたとしても併用できません。税控除がダブルでされてしまいますからね。

iDeCoの始め方と一般的な運用

加入手続き

何事も加入手続きをしなければ始まりません。金融機関で資料請求を行い手続きを行いましょう。

基本的にはどこでも問題ありませんが、私はSBI証券で加入手続きを行いました。

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

掛金の拠出

掛金額は月々5000円から始められ、1000円単位で自由に決めることができます。掛金の拠出限度額は自営業や会社員、公務員、専業主婦(夫)など属性によって変わります。

また、掛金は年1回しか変更できないのでよく検討してから決めましょう。

f:id:emonnao:20190710211555p:plain

掛金の運用

掛金の拠出が決まったら、商品の選択を行います。商品選択は個人の自由となるため、一概に「この商品が良い」とは言えません。月2万円を積み立てるのであれば、1万は手堅く「元本保証型」、1万はリターンを求めて「元本変動型」にしたりと自由に掛け金を分配することができます。

ちなみに僕は「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」一本で運用しています。

まとめ

今回、iDeCoについて説明しましたが、加入手続きさえ済ましてしまえば非常に簡単に始められる制度です。

節税効果もあり、開始が早ければ早いほどその効果を大きく享受できます。老後の資産形成を考えている方は積極的に活用していきましょう。

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券