えもんブログ

ITコンサル×投資で悠々自適な生活を目指すブログ

【高配当株投資】SBIネオモバイル証券で日本株に投資する

スポンサーリンク

こんにちは、えもんです。

 

以前、本ブログにて配当金で月3万の不労所得を目指す記事を書きました。

www.emonnao.com

この記事にある通り、配当金で月3万円の不労所得を目指すべく地道に投資を行っています。

投資のプラットフォームとしては楽天証券SBI証券とを使い分けているのですが、日本株への投資は主にSBIネオモバイル証券を利用しています。

 

ここでは、楽天証券SBI証券とは違ってSBIネオモバイル証券を利用している理由、その魅力について書いていきたいと思います。

SBIネオモバイル証券の口座を開設する

SBIネオモバイル証券とは

SBIネオモバイル証券は、SBI証券とCCCマーケティングの共同出資で誕生した会社で「ネオモバ」という愛称で呼ばれています。

少額で国内株式への投資が可能ということで注目されているサービスとなります。

特徴① 1株から購入可能

大手証券会社で日本株を購入する場合、多くの銘柄は100株を1単元としているため、購入時に多くの資金が必要となることが多いです。

例えば、任天堂(2021年3月9日11時時点:1株あたり58,050円)を楽天証券経由で購入しようとすると、単元株数は1口当たり100株と指定されているため、5,897,000円の資金が最低限必要となります。(別途購入手数料が必要)

600万もの現金なんて20代の僕には用意できません…

SBIネオモバイル証券の場合は1株から購入可能のため、多くの資金を用意せずとも目当ての株を買うことができます。また、月額220円で取引放題のため、手数料を気にせず頻繁に取引することができます。

f:id:emonnao:20210309113301j:plain

とりあえず株取引をやってみたい、経験してみたいという人にはおすすめですね。

また、Tポイントを使って株を購入することができるので、ポイントの使い道に困っている方にもおすすめです。

特徴② 月額220円(税込)で取引し放題

一般的に株取引では取引ごとに手数料がかかります。

例えば、SBI証券では約定代金が5万円までの場合(スタンダードプラン)、1回の取引で55円の手数料がかかります。
他の証券会社でも1株から購入可能な単元未満の株取引サービスを用意しているのですが、この取引ごとにかかる手数料がネックとなります。

SBIネオモバイル証券の場合、月額220円のサービス利用料を支払うことで取引し放題となります。(月間の国内株式約定代金合計額が50万までの場合)

f:id:emonnao:20210309114621p:plain

色々売買して経験を積みたい…様々な銘柄を少しづつ買いたい…という方におすすめですね。

f:id:emonnao:20210309133047p:plain

また、毎月期間固定Tポイントが200pt付与されるので、月当たり50万までの取引の場合は、サービス利用料のほとんどがTポイントとしてキャッシュバックされるということになります。

特徴③ ひとかぶIPO

SBIネオモバイル証券ではIPO(新規株式公開)株にも挑戦できます。

IPO株は初値が高くなる傾向があるので、チャンスがあれば挑戦したいですよね。

大手証券会社のIPO抽選もまとまった資金が必要だし、なかなか当たらない…

SBIネオモバイル証券は「若年優遇」や「取引継続優遇」などユニークな抽選方法を用意しているため、資金が少ない20代や30代の人でもIPO株を取得できるチャンスがあります。
また、通常の株取引と同様にIPO株も1株から申し込みが可能となっています。

私もSBIネオモバイル証券でIPOの申込みをして2銘柄で当選しました。

他の証券会社に比べて少し当たりやすいかなぁと言う感じです。ぶっちゃけ結構外れます。当たればラッキーぐらいの気持ちで申し込みましょう。

SBIネオモバイル証券の個人的見解

SBIネオモバイル証券を約半年間続けてみて感じた部分を書きます。

高配当株投資におすすめ

投資は安く買って高く売る。といったキャピタルゲインを目的としたものもあれば、株を所有することによって得られるインカムゲインを目的としたものがあります。

SBIネオモバイル証券ではどちらの投資も可能なのですが、インカムゲインを目的とした投資、すなわち高配当投資の方が向いているのかなと思いました。

ネオモバイル証券の画面から得られる情報は良い意味で最適化されており、必要最低限な情報のみ記載されています。

投資の敷居を低くするためにあえてやっているのだと思います。

f:id:emonnao:20210309101339p:plain f:id:emonnao:20210309142545p:plain


この情報量の場合は、企業の成長性を予測して売買で利益を得るという方針よりは、配当利回りの良い銘柄を複数個選んで少額で積立していくといった方針が向いているのかなと思っています。
(もちろん別サイトで銘柄分析をしてキャピタルゲインを狙いに行くというのも全然ありです!)

ひとかぶIPOは体験版みたいなもの

SBIネオモバイル証券の「ひとかぶIPO」はIPO投資というものを経験するのにはとても良いサービスなのですが、30株申し込んでも1株しか当たらないとかが普通です。

実際、私は1株ずつの当選ばかりでした

公募価格が2,000円で初値が3,000円になったとしても、1株のみでは利益1000円。

個人的にIPOは単元株(100株)で購入してこそ、その恩恵を受けられるものだと思っています。

まとめ

日本国内株式に少額投資が可能なSBIネオモバイル証券について紹介しました。

簡単にまとめると以下のようなサービスとなります。

  • 1株から日本国内株式に投資が可能
  • 月額220円で取引し放題(月当たりの約定合計金額が50万まで)
  • IPO株の申込みも可能(ただし、希望通りの株数になるとは限らない)

投資の一歩目としては非常に良いサービスですので是非ご検討ください。

SBIネオモバイル証券の口座を開設する